お隣さんから今年も芍薬(しゃくやく)のお花を頂きました。

玄関が華やかになりました。

いつもありがとうございます。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

古くから美しいものの代名詞とし有名なしゃくやくは、5月から6月にかけて旬を迎えます。

ヨーロッパでも「Rose of May(5月のバラ)」と称され、初夏を彩る花として愛されているそうです。

芍薬(しゃくやく)ととてもよく似ている花に牡丹(ぼたん)があるのをみなさんご存知でしょうか?

どちらも華やかな大輪の花を咲かせる芍薬(しゃくやく)と牡丹(ぼたん)。

芍薬(しゃくやく)のつぼみは丸い形をしているのに対して、牡丹(ぼたん)のつぼみは先が尖った形をしています。

葉の形もそれぞれ特徴的なんです。

芍薬(しゃくやく)の葉はツヤがあり、葉の先にギザギザはなく全体的に丸みがあります。

一方、牡丹(ぼたん)は葉にツヤがなく、ギザギザになっているのが特徴です。

更に、芍薬(しゃくやく)はバラのような甘く爽やかな香りするので、香りを確かめてみるのもよいかもしれませんね。

埼玉唯一のしゃくやく園が深谷にあるそうです。

ゴールデンウィークも明けて、この時期ならではの花を愛でに出かけるのもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です